ダイエット 食事 朝

ダイエット中の食事で、朝は意識して食べないという人もいるのではないでしょうか。

朝食抜きダイエットは簡単に始められますし、朝起きてからはバタバタしてしまって、なかなか食事をする時間が作れないという人もいますからね。

意識的でも、無意識でもこの『朝食抜きダイエット』のメリットとデメリットはご存知でしょうか。

メリットだけではなくて、デメリットもきちんと確認しておいて、いい所だけダイエットに活用していけるといいですね。

朝食抜きダイエットの方法

方法と言う程、大げさなことは無いのですが、朝食抜きダイエットは単純に朝ご飯を食べないというだけです。

胃に入れたとしても、水分程度でしょうか。

昼食まで食べ物らしい食べ物を入れないので、摂取カロリーはほぼゼロという状態ですね。

朝食抜きダイエットのメリット

そんな朝食抜きダイエットのメリットは、先程も書きましたが『摂取カロリーがほぼゼロ』という所です。

ダイエットの基本は摂取カロリー以上のカロリーを消費していくということになります。

摂取カロリーが少なければ、その分運動量は多少少なくても、体重維持もしくは落としていくことが出来ます。

運動が苦手な人、運動をする時間が取れない人などにとっては、大きなメリットと言えると思います。

また、朝食での摂取カロリーが少ない分、昼や夜の食事を自由にしやすいですよね。

人と食事に行く機会も、朝よりは断然昼や夜の方が多いですから、選択肢が増えるのは嬉しいことなのではないでしょうか。

朝食抜きダイエットのデメリット

対して、朝食抜きダイエットのデメリットは2つあります。

日中のエネルギー不足

朝食を食べないということは、エネルギーの補給が出来ていないということです。

体を動かす仕事をしている人は当然ですが、デスクワークの人だって、日中はエネルギーを消費しています。

そのエネルギーを補給出来ていないのですから、集中力も続かなかったり、体に力が入らないということも出てきます。

日常生活に支障が出ている人もいるのではないでしょうか。

太りやすくなる

体重を減らすために朝食を抜いたのに、それが逆に太る体質を作ってしまいます。

理由の一つが、ドカ食いや早食いをしてしまう可能性です。

お腹が空いている分、つい沢山食べてしまったり、ゆっくり食べずに早食いをしてしまう人もいるのではないでしょうか。

これらは普通に太る原因になりますので避けていくようにしましょう。

そうでなくても、空腹時間が長く続いている分、体は飢餓状態だと認識して、次に食べたものを脂肪として蓄えるようになります。

どんなにドカ食い、早食いをしなくても。カロリー制限をしていても。

脂肪に変えられてしまっては意味がありません。

朝食は軽くでも食べておいた方がいい

もちろん、朝食を食べることで胃もたれを起こして、体調を崩してしまう人もいると思います。

ですので、そういう人は無理をする必要はありませんが、少量でも、軽くでもいいので食べておいた方が、太りやすい状況を作らないで済みますよ。

ヨーグルト。サラダ。スープでもいいので、軽く胃に入れておいて、ひとまず飢餓状態ではないということを体に伝えておくのが大切です。

朝食のメニューに関して

また、朝食を食べても体調を崩すということが無い人は、結構しっかり食べてもいいそうですよ。

一日の食事量は「朝>昼>夜」という順で、段々と減らしていくのがいいそうです。

朝食に食べたものは、日中の活動でだいたい消化されているので、夜まで胃に残っていることはありません。

夜は食べたあとはだいたい寝る人が多いですから、エネルギーを補給する必要も無いですから、消化の良いものを軽く食べておく程度でいいと思います。

特に22時以降、夜中の2時~4時は体が脂肪を蓄える働きがピークになると言われていますので胃に食べ物が無い方がいいのです。

可能であれば夕食は夕方18時までに、遅くても寝る3時間前までには済ませておけるといいですね。

朝食はしっかり食べても問題ないので、たんぱく質や栄養補給などを目的として、きちんとメニュー内容を考えてみてもいいと思います。

仕事がある日は難しいかもしれませんが、休日の朝などに力を入れてみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする