ダイエット 食事 夜

ダイエット中は食事の内容にも気をつけた方がいいですが、食べるタイミングにも気をつけていきましょう。

特に夕食は控えめにしていくのがおすすめです。

ダイエット中の夕食について、説明していきますね。

夜は控えめがいい理由

大半の人は、夜は寝るだけ、というスケジュールになっていると思います。

予定があっても、誰かと夕食を食べる、というものが多いのではないでしょうか。

人の体は夜の22時以降は脂肪を蓄えるように働き始めるのだそうです。

特に夜中の2時~4時はその働きがピークになるそうですから、その時間帯に胃に食べ物が入っていない方がいいのです。

なるべく、早い内に夕食を済ませるか、消化にいいものを食べるようにして、脂肪に変換されないようにしていきましょう。

食べるなら順番に気をつけていきましょう

ただ、夜は人と食事をすることも多いです。

そうなると、21時頃まで食事をしていることもあるのではないでしょうか。

もし、そういった遅くまで食事をしているのであれば、食事の内容にも気をつけていきましょう。

例え、朝昼とカロリーの調整を行っていたとしても、夜でそれをオーバーしていては良くないですからね。

食事の内容は消化にいいものを

出来るだけ、野菜を中心にしたものを食べていくようにしましょう。

もしくは、たんぱく質が含まれている肉や魚の脂の少ないものを食べていくのがいいですね。

炭水化物は出来るだけ減らしていけるのが理想です。

場合によっては、締めにお茶漬け、ラーメンという話になるかもしれませんが、食べないで済むならそれが一番です。

食事の前にコップ一杯の水を飲む

食事の前にコップ一杯の水を飲むことで、お腹が満たされて、食べ過ぎを防止することが出来ます。

ガムを噛むのでも、効果はあるそうですから、試してみてはどうでしょうか。

炭水化物は出来るだけ最後に

炭水化物は食べないで済めばそれが一番ですが、食べるのであれば

野菜などの食物繊維→汁物→肉や魚のたんぱく質→炭水化物

という順番で、よく噛んでゆっくり食べていきましょう。

そうすれば、血糖値の上昇が緩やかになりますので、太りにくくなっていきます。

また、食事を開始して20分程度で満腹中枢が反応して、満腹感が得られると言われています。

そのタイミングで肉や魚を食べる程度に出来ていれば、ご飯などを食べる量が減るので太りにくくなりますよ。

早めに食事を終わらせられるなら筋トレをしてみる

夜に人と食事をする予定がなくて、18時頃までに夕食を終わらせることが出来たなら、19時~20時頃に簡単な筋トレを行ってみるのもいいですね。

およそ夕食の2時間後、寝る1時間前程度がいいそうです。

夕方は体温が高くなるので運動の効率も上がります。

筋トレ、有酸素運動を行うのにベストな時間帯だと言われているのでおすすめです。

ただ、寝る直前に運動をすると、交感神経に切り替わったまま寝つきが悪くなってしまいますので、軽めの運動にしておくのがいいと思いますよ。

夜の食事には注意が必要

朝食は寝るまでに時間があるので、比較的食事の内容を自由に決めやすいですが、夜は寝るだけというスケジュールのため、意識をするなら夜の方が重要です。

低カロリーで消化の良いものを食べて、脂肪を作らないようにしていけるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする